2010年09月17日

ハンドメイドにこだわる、「ノックの帽子屋」店主・横山智和さん

今年の極暑のあまりの厳しさに、涼しそうな素材のハットが欲しくなった8月の末。
ネットを徘徊して帽子を探していたところ、「ノックの帽子屋」さんの、ちょっと洒落た雰囲気のHPを発見した。

すべて手作りだという帽子は、形そのものはベーシックだが全体的に丸みを帯びていて、絵本にでてきそうな可愛さ。麦わらのような素材でつくられたベレー帽など、ありそうでなかなかないラインナップにもグッとくるものがあった。
注目すべきは、オーダーメイドで、完全に自分好みの帽子がつくれるところだ。

つくっているのは横山智和さん。
今年の8月に店舗を構えたばかりだが、大塚愛や東京事変といったミュージシャンにも衣装を提供している。

いったい横山さんてどんな人なんだろう……。
帽子の実物を見たかったこともあり、帽子屋さんに行ってみることにした。

ph01.jpg
大塚愛さんの衣装としてつくった「帽子がくっついた帽子」


「ノックの帽子屋」は、京成曳舟駅から徒歩5分、下町ファンに人気のキラキラ橘商店街の入り口近くにあった。いかにも昭和30年代といった風情の、1階が半分土間になっている築75年という住居兼店舗。だが、店内は味わいのある小物や家具で飾られている。
素敵な帽子もいっぱいだ。

横山さんは、金混じりの土壁が見える半畳ほどの小上がりから「あ、どうも」と様子を窺うように出てきたのだが、少しばかり私の想像と異なっていた。
坊主頭に丸眼鏡、もじゃ髭でゲーム作品の『サクラ大戦』のTシャツを着た男性。
どう見ても、ファッションとは無縁そうなのだ。

 「しゅっとしてカッコイイ! っていうものよりもぼんやりしている帽子が好きです。
 帽子らしい形の帽子が好きですね。メッセージ性の強いモノはあんまり好きじゃない
 です。
 ぼくのデザインはこうじゃなきゃっていうのはなくて、誰かのかぶりたい帽子を具現化
 して、それぞれに自分の好きな帽子をかぶってもらうのが一番」


とつとつと帽子について話す姿は、こだわりの職人という雰囲気。流行を気にして帽子をつくることはないという。横山さんが現在愛用中の黒いハットは、飲み屋で酔っぱらいの尻に敷かれて破れたりしたところを繕いつつ、もう6年かぶっているとか。
実物を見せてもらうと、帽子の色落ちや繕った跡がいい味を出している。

横山さんのつくるシンプルで温かい帽子は、その人柄がにじみ出ているようだった。
それは曳舟という土地を選んだことにも表れている。

 「気取ってない場所がいいなぁと思って」

ph02.jpg



横山さんには背伸びがまったくなく、下町の商店にも馴染んでいるので年上だと思いこんでいたが、まだ26歳だという。これには驚いてしまったが、彼も自分の年齢に驚いているようだった。

 「まだ26かぁって思いますね。若いなぁって。もうちょっと年取ってると思いました。
 まだ1ヵ月、まだ2年かぁって、時間の流れが遅く感じます」


一般的日本人とは真逆の発言をする横山さん。
時間の流れが遅く感じるその感性を養ったのは、きっと家族だったのだろう。

横山さんは、溶接技師の父親の赴任先だったオランダで幼少期を過ごした。だが、7歳の時に父親は突然亡くなり、家族は日本に帰ることとなる。
母親は幼い横山さんを含めた3人兄弟を女手ひとつで育てた。
母子共々、大変だったのではと思うが、美術学校と文化服装学院に3年ずつ通い、卒業して2年で店舗を構えた横山さんはとても自由に見える。

以前、母親にこう言われたことがあると彼は言う。
「親の言うとおりにするような子供には育てた覚えはない」

3人の子供をひとりで育てている時に、同じ事を言える人はどのくらいいるだろうか。
なかなか言える言葉ではないと思う。
懐の大きな、枠に縛られない母の影響を横山さんは受けているのだろう。

 「勇気づけられますけどね。何でも好きなことしていいんだって」

技術者だった父や機械いじりの得意だった祖父の影響か、手を動かすのは小さい頃から好きだったそうだが、なぜ帽子づくりを選んだのかを尋ねると、

 「立体的なモノをつくるほうが好きだったのと、消去法です。
 どうしても帽子、っていうわけでもないです」


というアッサリした答えが返ってきた。
それでも、ただ帽子をつくっているだけではない。

「好きな旅をして、ついでに素材を集めて、帽子つくって売って、また旅に出て」という生活だが、最近1ヵ月間旅したというエクアドルはパナマ帽の産地という理由で行ったそうだ。趣味と仕事の境界線はあまりなく、帽子のことがいつも頭にある。

また、フォトグラファーの相澤心也さんと組んで、横山さんの帽子を使った作品を製作したりもしている。
『笠地蔵』のお話しをモチーフにした作品や、羊を一頭煮込んで取り出した骨を使った作品などアイディアにあふれたもの。

10月の末には30組余りの新進クリエイター達と廃墟を借り切り、東京デザイナーズウィークに合わせて「CO-OP」という作品展示会をやる。

ph03.jpg
地蔵たちからお礼が届くことはなかったという


最後に、帽子屋も軌道に乗ってきた横山さんに将来の夢を尋ねたが、
「夢……。風呂付きに部屋に住むのが夢だったんですけど、これは叶ってしまったので、また見つけないと」と欲がない。

達観している仙人のようだが、逆にそれこそ今時の若者らしい感覚かもしれない。むやみに熱くなることはないが、帽子の話になると、ちょっぴり背筋が伸び、喋り方もちょっぴり力強くなる青年。

そんな素敵な?横山さんに私は、10年はかぶれるベーシックなハットをつくってもらいたいと思った。そして、破れたら曳舟に直してもらいに行って「まだ○ ○才だよ〜、人生って長いよね」なんて会話を交わせたらいいなぁと思った。


ph04.jpg
外出着に着替えていただきました。かぶっているのは愛用の黒(かった)ハット


★「ノックの帽子屋」HP

★クリエイター主導の新しい展示会 「CO-OP」 

posted by 若手 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ふく子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

写真家・シバノジョシアさんがアイスランドを撮り続ける理由

*それは『春にして君を想う』から始まった*

「行ったことがないのに懐かしさを感じる場所ってありますよね」

アイスランドが舞台の映画『春にして君を想う』を初めて見た時、シバノさんは “既視感”を抱いたという。
ヴィム・ヴェンダース監督の映画『ベルリン天使の詩』へのオマージュもあるという『春にして君を想う』は、老人ホームを抜け出した農夫が幼馴染みの女性と故郷の町を目指して旅する物語である。そして、そこに映し出されるアイスランドの自然の景観は、地の果てを思わせるほど広漠としている。

しかし、シバノさん自身は川崎の工場地帯近くの自然にあまり縁がないところで育ったそうだ。それなのに「帰る場所」であるかのような既視感がある。
おのずと湧き起こった「この感覚ってなんだろう」という疑問。
それがアイスランドへの興味のはじまりとなった。

iceland_1.jpg


きっかけが映画。
その言葉が示す通り、シバノさんはとても物腰柔らかで「世界中を飛び回る」というよりは、コツコツとモノづくりをしている姿が似合う人だ。
実際、写真を撮り出す前は、映画製作を志していたという。

『春にして君を想う』を観たのはシバノさんがまだ19歳の時。その後、27歳の時に勤めていたゲーム会社を辞めて映像制作の道を模索することを決断した。実際に脚本を書き、キャストも用意したのだが、ロケハンをしているうちに、いつしか写真のほうに夢中になった。

フォトグラファーに転身後、調整次第で長い休みの取れるフリーランスの立場を活かし、33才で初めてアイスランドに旅立った。『春にして君を想う』を観てから10年以上が経過していたことになる。それでもアイスランドに対する想いは褪せていなかった。
2007年に初滞在してからは毎年写真を撮りに行っており、今年の春には3年分の撮影をまとめ都内2か所で写真展を開催した。



*アイスランド人の中にある無意識を撮りたい*

シバノさんがアイスランドで撮る写真は、主にひと・街・自然。ひとは特にミュージシャンの写真が多い。色彩豊かで躍動感のあるその写真は、氷の国のイメージを振り払い、実際にそこに住んでいる人たちの体温を感じさせてくれる。また、アイスランドがシガー・ロスやビョークという世界的に有名なアーティストも輩出した、音楽活動の盛んな国であることを思い出させてくれる。

しかし、大自然が取り上げられることの多いアイスランドで、あえてミュージシャンの写真を撮るのはなぜだろうか。


「人が環境によって作られていく部分があるならば、アイスランドのような特異な大自然に囲まれ育っていく人たちは、日々どんな喜怒哀楽をもって生活しているのか。そして、それをどのように撮影していくか考えた時に、ライブの写真であれば、パフォーマンスの中で秘めた内面を無意識にさらけだしていく瞬間が撮れるのではないかと思ったんです」

iceland_2.jpg





















マムートのヴォーカリストkata。パワフルな歌声とパフォーマンスが魅力


実際にミュージシャンに焦点を当てることで気づいたことがあるという。
アイスランドでは、音楽マーケットの規模が小さいこともあり、プロとアマチュアの境が薄いので、年齢や職業などにとらわれずに活動しているひとが多い。音楽と人との距離が近く、何かを表現するのに躊躇が少ない。
「アイスランドは精神的に自由な面が日本と比べて多いと思うんです」とシバノさんは言う。

「日本ではまだまだ少数派の意見やライフスタイルを表に出す事が難しい場面が多くあるように思います。でも、アイスランドは少ない人口の中でも、そういったマイノリティに対して公平な社会状況のようです。
昨年、同性愛者を公言する女性首相が誕生したことや、つい最近同姓婚が認められた事が象徴的な事ですよね。男女別姓や男性が育児するのもごく自然な事」




*「鏡」の中に自分を探す*

シバノさんは多くの時間を割いて、アイスランドの大らかでリベラルな雰囲気について話してくれた。とても魅力的な国に思えるが、定住について考えが及んだことは無かったそうだ。


「アイスランドの圧倒的な大自然に何度か身を置いてから、不思議な事に故郷である川崎の工場地帯について考える事が以前より増えました。全て人の手によって造られた環境の不自然さや、そういった物だけが持つ魅力を、アイスランドの大地に立つ事でより際立って感じるようになったのかもしれません。川崎は生まれ育った場所なのであらためて「帰る場所」の一つとして強く感じていますし、アイスランドと並行しながら自分にゆかりのある土地をどう撮影していくか日々試しています」


つまりは、シバノさんにとってアイスランドは安住の地ではなく、刺激を受け、創作意欲を掻き立てられる場所なのだろう。


「日本とアイスランドは全く違う環境や価値観もありますが、同じ島国で火山や温泉、漁業や捕鯨国など共通するキーワードも多い。アイスランドは私の中で鏡のような役割を果たしてくれていると感じます。ですからアイスランドに行くたびに、日本という国の良さが再確認できたり、現在の日本はどんな状況に向かっているのかがクリアに見えてきたりする。日本で生きていくためのヒントをアイスランドに探しにいっているのかもしれませんね。近年は経済崩壊なども体験している国ですし、ポジ、ネガどちらの面でも興味が尽きない国です」

iceland_3.jpg
アイスランド名物・ブルーラグーンと呼ばれる温泉でのライブ

自分の正確な姿を映してくれる「鏡」であるアイスランド。
氷と火山の国に投影して見る日本の姿はどんなものなのだろうか。


「日本が必ずしも不自由な事ばかりだとは思わないけれど、
大切な事や物事の優先順位が見づらくなっているように感じます。
報道やニュースが作りだしている面もあるかもしれませんが、
日本は世界的に見ても個人の選択肢が多種あるにも関わらず、
得体の知れない閉塞感が蔓延しているようにも思います」


シバノさんはアイスランドの在り様を記録するというよりは、写真で自分の伝えたいメッセージを表現しようとしているのかもしれない。

fukuda01.jpg
「個人が情報をしっかりと見定めて選択する事の重要性が高まっているだけに、1つの国の有り方、人の生き方みたいな事をアイスランドの写真を通じて紹介していきたいですね」

「見ていただいた方の気持ちが少しでも軽くなったり、そこから何か新しいアイデアが生まれてきたりするような、写真が現実を変えるような効果を生むことを願って今後も活動していきます」


ひとは郷愁を感じたときに切なくなるものだが、何かに恋い焦がれたときにも同じ様な胸苦しさを感じる。恐らく『春にして君を想う』を見てシバノさんがアイスランドの風景を見て抱いた気持ちは、既視感ではなくて慕情に似たものだったのではないだろうか。そして、対象への思い入れを伝えたい気持ちがあるからこそ、私はシバノさんの写真に惹き付けられたのだろう。


★オナビス/シバノ ジョシアWEB
(写真家のプロフィールやフォトギャラリーはこちらから)
★音楽フェス・アイスランドエアウェイブスツアーWEB
(プレスフォトグラファーとしてシバノさんが同行しているツアーのサイトです)
★ICELANDia・アイスランドブログ
(上記ツアー主催者・小倉悠加さんによる日本初のアイスランド楽曲専門オンラインレーベルの公式ブログ。氷国情報がとっても充実しています!



posted by 若手 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ふく子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

色っぽいキモノからニーチェまで、文筆家・井嶋ナギさんの偏愛

初夏の強い日差しに照らされたオープンテラスで、紺縞の着物を纏った井嶋ナギさんは涼しげにミントシロップ入りのペリエを飲んでいる。

青色のレザーバッグからは、全集の1冊と思しき古びた本と、マルちゃんがのぞいている。

マルちゃんとは、マルチーズをかたどったペンケースだ。
オープンテラスと着物とマルちゃん。
奇妙な組み合わせだが、これは確実にcoolだ。

井嶋さんは、着物、歌舞伎、江戸文学などの日本文化を得意フィールドとする文筆家だ。

著作『色っぽいキモノ』では、『鬼龍院花子の生涯』のような日本映画や文学、浮世絵などをヒントに、現代にも通用する着物の色っぽい着こなしを提案している。
例えば、のどのくぼみが見えるほど深いVネック様に半襟を合わせることで、粋な大人っぽさを演出してみたり。

井嶋 ナギ02.jpg

手にしているのは「私の中で確実に別格」という泉鏡花。
文章と世界観が素晴らしく、読むと陶酔してしまうとか。
左下の白いモフモフが井嶋さんお気に入りのペンケース、通称マルちゃん。


「着物は年齢とか身分とか職業によって、色んな着こなし方があるし人生があるっていう、そこが大事なことだと思うんです。
こうじゃなきゃいけないっていうひとつの見本があるんじゃなくって。

ただ、何でもアリでいいとは思わない。
何にも縛りのない自由さっていうのもつまらないと思います。
着物にしても日本舞踊にしても、ここまでは決まりでここからは自由っていう、そのジャンル独特の秩序があるんじゃないでしょうか。
美しい状態って無秩序な状態ではないと思うから」



なるほど、だから着物とマルちゃんの組み合わせはcoolなのか。

井嶋ナギさんのブログ『放蕩娘の縞々ストッキング!』は各方面で評判を呼んでいる。
ニーチェのぶっ飛び発言で笑っていたかと思うと、別の日には『雨月物語』の怖さについて語っていたり。
また別の日にはジャージ至高論を展開、古今東西の文化・サブカルを縦横無尽に語る。

この振れ幅の大きさは一体なんなのか?

「ほんとにまとまりがなくて申し訳ありません」と苦笑しつつ、井嶋さんはこう続ける。

「本音を言えば、ジャンルにそれほどこだわりはないんです。
面白そうなものは、ジャンルにこだわらず素直に面白がりたい。
ただし、一般に奨励されている見方にふりまわされず、自分の感じ方を信じて本気で素直になって見る。

すると、予想以上に面白い発見があるんです。
例えばナボコフの『ロリータ』は、素晴らしい文学作品ですよね。
だからと言ってマジメに深刻に読まなければいけないなんてことはない。
読めば読むほど、主人公の中年男が12歳のロリータに恋していちいち自己分析して怒ったり落ち込んだりしている様が、なんだかすごく滑稽なんですよ。
だから、コメディとしても面白いんじゃないかな〜って」



名作古典も笑えるところは笑い飛ばす。
ありきたりの楽しみ方とは違う、ある意味偏愛なのではないか。


「ニーチェが偉大なひとだったっていうのは当たり前のことじゃないですか。
じゃなくて、そうはいってもこの人けっこう変なこと言ってるよ、面白いよ、笑えるよっていう。

私は、何かを執拗に追求した結果のエクストリームな状態と、そこから生じる素晴らしさや美しさ、面白さや可笑しさみたいなものを常に愛でているのかもしれません」


井嶋 ナギ01.jpg

単衣の着物に夏の絽つづれの帯。涼しげに見えるように、色数も少なめにしたそう。
ちょこっと見えている赤は札入れ。


井嶋さんは1973年生まれ、父親の仕事の関係で海外に住んだり、いろんな国に旅行に連れて行ってもらい、西洋文化の「いいもの」を教養として見せられて育ってきた。

しかしその反面、自分は日本人である、というアイデンティティをどう解釈していいのかわからなかった。

「じゃあ、日本はどうなの?」
その思いが無意識に募っていた高校生の頃に、古い日本映画や古典文学、浮世絵に触れるようになって井嶋さんは驚いた。

「それまで、日本文化ってダサくて真面目で古くさくて・・・っていうイメージだったけれど、知ってみると相当面白いじゃない!」

新たに日本文化の魅力を知った井嶋さんは、大学で哲学を学んだ後、国文科に転科して江戸文学を専攻する。

鶴屋南北の『東海道四谷怪談』をテーマに研究。
卒業後、文筆業を始める前には、着物の会社に就職して百貨店で着物販売をしたことも。
さらに社会人になってから日本舞踊を習い始め、現在では花柳流の名取として舞台にも立つ。

いったい井嶋さんは、日本の伝統文化のどこに魅了されたのだろうか。


「文学も浮世絵も歌舞伎も着物もお茶も、独特の道を執拗に追求して極めたもの。
日本文化こそ、エクストリームの最たるものばかりっていうことに気づきました。
だから私は、昔から変わらない日本人としての心性や感覚を持ちつつも、現代人としての心性や感覚を否定することなく保ち、その両方の目で日本文化を見て、今に生きる日本人として新しい面白さを見出したいんです」



井嶋さんの追求する「色っぽいキモノ」もまたエクストリームな状態に達していると思った。

今後、井嶋さんはキモノ界に旋風を起こし、その旋風はいろんな人たちを巻き込んでハリケーンとなるだろう。


ぴかぴか(新しい)これからの季節にぴったりの浴衣コーディネートを教えてもらいましたexclamation×2

nagi_yukata1-1.jpg

「月影屋」の星柄の浴衣に、光沢感のあるサテンの帯を合わせて。
下駄ではなくミュールを合わせるのが、歩きやすくて好きとのこと。



★井嶋ナギ ブログ「放蕩娘の縞々ストッキング!」


色っぽいキモノ

色っぽいキモノ

  • 作者: 井嶋 ナギ
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2006/10/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



posted by 若手 at 14:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ふく子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。