2010年09月09日

ライティングデザイナー、戸恒浩人さんがスカイツリーに込めた想い

2012年春の開業を目指して建築が続く「東京スカイツリー」。
週末ともなれば、建築現場の周辺は多くの人でごったがえし、完成前なのに、もう“東京の新名所”状態となっている。
かくいうタカハシも「建築中のスカイツリーって今しか見られない!」という妙なミーハー心にかられ、デジカメ片手に東京の下町「押上」に何度か足を運んでいる。

スカイツリー.JPG この距離だと写真に収めるのも一苦労


全長634mまでの道のり(現在は448m)を観察するのも飽きないが、開業時にはもっと楽しみなことがある。それは、“昭和のシンボル”東京タワーがそうであるように、陽が落ちれば毎夜美しくライトアップされるであろう“平成のシンボル”の光景だ。

東京に誕生する日本一高い建造物の夜景は、どんなコンセプトで我々を魅了するのか?
スカイツリーのライティングデザインを担当する、シリウスライティングオフィスの戸恒浩人さん(35)に話を伺った。

 *

「どこでもいいというデザインではなく、この場所にあるから素敵だと感じられるデザインを目指しました」


ライティングのコンセプトは「粋」「雅」
「粋」は隅田川の水の色をイメージした青いポイントカラーでタワーの柱を照らし、凛々しさと力強さを感じさせる。
「雅」は江戸紫をテーマに柱の外側を包む細かい鉄骨から、ピンク過ぎず青過ぎない微妙な加減の色で照らし、あでやかさと優雅さを表現している。

夜景-粋(new).jpg
【粋】 展望台の上には常に回り続ける照明が
画像提供:東武鉄道株式会社・東武タワースカイツリー株式会社


夜景-雅(new).jpg
【雅】 すべてLEDで照明は作られている
画像提供:東武鉄道株式会社・東武タワースカイツリー株式会社


この2パターンのライトアップは毎日交互に点灯し、東京の街を彩ることになる。
このアイデアには戸恒さんの”人と照明”を結ぶこだわりが込められている。


「たとえば今日が『粋』だとすると、翌日は『雅』になるわけです。見る人は自然ともう一つのライトアップを思い浮かべるのではと考えたんです。2種類あるということが、スカイツリーと人々をつなげるいい方法になると思いました」


たしかに毎日同じ明かりであればそれほど気にとめない光景も、2種類の照明があることで効果的にもう一方の照明のことが頭に浮かぶ。
スカイツリーをより身近な存在として感じられそうだ。

さらに戸恒さんは、スカイツリーの照明によって「東京の街が美しくなるきっかけになってくれたらうれしいですね」と語る。
というのも戸恒さんは、海外と比べて日本の照明にさみしさを覚えることが少なくないという。


「日本人の気質も関係あるのかもしれませんが、自分のところはよくするのに公共スペースに関しては無頓着なところってあると思うんです。例えば、道路照明にしても照度が取れていればいいでしょうという感じで、美しくはない。
ビルから蛍光灯の明かりが漏れていても『残業してるのかな』と思ってしまいますし、繁華街は飲み屋とかパチンコ屋とかお金を落とさせる“客引きの光”ばかりで、日本には人をうれしくさせる光が少ないと思うんです」



そう言われてみると、クリスマスなどの期間限定のライトアップなんかをのぞけば、散歩したいなぁと思わせる夜の街は少ないかも。


「照明によって癒されることってあると思うんです。エネルギーのことを考えれば明かりを消すに越したことはないですが、それと同時に生活や時間を豊かにすることも捨てていると思うんです。でも、そこらじゅうに照明をつければいいというわけではありません」

 *

戸恒さんは全長634mのスカイツリーのすべてを照らすわけではない。
そうした手法は現代のライトアップに合わないと考え、塔の下のほうを照らさないとか、真ん中の部分の外側は暗くして内側を光らせたりと、全体を100としたら50くらいの光量で美しくみせる工夫をこらしている。
“デザイン”という人間の手間をかければ、少ない電力でも素敵なものができることを証明しようというのだ。


「陰影礼賛という言葉がありますが、陰影を使うのは日本人が得意とするものだと僕は信じたいんです。明るさだけでなく暗さをうまく利用した照明をすれば街はもっと素敵になるし、日本が世界に誇る、日本人が作れる光の世界を表現できると思うんです。日本人として生まれてきた以上、そういうものを作り続けたいなと思っています」


テストをのぞいて、最初に東京スカイツリーのライトアップがお披露目されるのは開業日の夜のはず。


「僕がスイッチを押してみたいですよね。でもスイッチってなんか古いですね。照明を使って点灯するとか。今思いついたんですけど」


取材を終え、戸恒さんのオフィスが入るビルの窓からふと外に視線を向けると、建築中の「東京スカイツリー」と「東京タワー」の両方が見えた。



h.totsune.jpg
星を見るのが好きな少年だったという戸恒さん



posted by 若手 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | タカハシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/162017374

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。