2010年08月26日

八重山の音楽ジャンキー・崎枝大樹(BEE! BANG! BOO!) 「東京でやっている以上は、島の色は出さない」

僕が毎年のように石垣島に行くようになったのは、島の自然の美しさもさることながら、この島には剛オジのような人がいるからだ。剛オジとは、もちろん島で知り合った。若い頃は東京の劇団に所属して俳優を目指していたという彼は、過剰なまでに面倒見がいい人で、僕たちが島に行くと仕事そっちのけで毎晩はしご酒に付き合ってくれて、島の人をたくさん紹介してくれる。

今回のブログでは、この剛オジの激動の半生…ではなく、息子の崎枝大樹(さきえだ・ひろき)を紹介したい。彼は「BEE! BANG! BOO!」(ビーバンブー)という管楽器の入った7人編成のロックバンドのリーダーである。

bee bang boo.jpg


また、普段は別のバンドで活動しているふたりの従兄弟(崎枝亮作、崎枝将人)と「きいやま商店」というユニットを組んでいる。ギターと三線をかき鳴らし、島の言葉をまくしたてる彼らのパフォーマンスは圧巻で、初めて見る人でも十分に楽しめる。

一昨年、僕の夏休みが運良くきいやま商店の凱旋ライブの日程と重なって、島で彼らの演奏を聴くことができた。
面白かったのはその翌日で、僕は崎枝家の宴会にお邪魔することになった。
親類や同級生らが、酒や料理を手土産に続々と集まってくる。

宴たけなわとなったところで、きいやま商店の演奏が始まった。
それが終わると彼らの父親たちが民謡を披露、トリは90歳を超えたおじいさんが、おばあさんに背中を支えられながら朗々とハイトーンボイスを響かせたのだった。
唄と笑いに包まれた、これぞ島の家族の肖像! 
崎枝大樹の音楽のルーツはここにある。


「小さいときから、種子取(たねどり)祭とか老人会の集まりがあると琉球舞踊を踊ったり、自分たちでネタを考えてコントをやったりしていたから。親たちを楽しませようと一生懸命やってたよ」


島では自分たちの芸こそが最大のエンターテインメント。
逆にいえば、娯楽施設が少ないからともいえるだろう。子どもの頃の島の様子について、崎枝はこう言う。


「当時、島ではNHKしか映らんかったから、ビデオレンタル屋が東京で流行ってるドラマとかを録画したものを100円くらいで貸していて、みんなそれを競って観ていた。『ジャンプ』も1〜2週間遅れの発売だから、東京に旅行して最新号を持って帰るともうヒーロー。ラジオなんか夜12時過ぎると電波が台湾の放送曲にもっていかれて、台湾語しか流れない。もう意味わからん(笑)」


チェッカーズが大好きで目立ちたがりのマセガキだった崎枝少年は、中学に上がるとバンドを結成する。しかし、当時ブームを巻き起こしていた「イカ天」は当然、島では見られない。
そこで彼は、イカ天を観るためだけに、親に頼み込んで東京に連れていってもらった。


「クリスマススペシャルかなんかで、日本武道館にBEGINやカブキロックスが出ていて。その放送を母親とホテルのテレビで観たわけさ。(BEGINの比嘉)栄昇にーにがヴォーカリスト賞をとって、もう興奮したよね。嬉しくてたまらんかったぁ…そのときオレは絶対イカ天に出るぞと心に決めた」


今年34歳になった崎枝は、中学2年ときの感動を思い出し目を赤くした。
しかしその2年後、BEGINと同じ八重山高校に進学した彼は大きなチャンスに恵まれる。
羽田−石垣間の直行便を開通した航空会社がスポンサーについて、過去数年間開催されていなかった「八重山音楽祭」が復活するというのだ。
島の実力派ミュージシャンのみが出演できる島最大の音楽イベントで、すでにプロデビューしていたBEGINも呼ばれるという。
このチャンスを逃すわけにはいかない。数十組がエントリーした「高校生の部」オーディションを勝ちぬいて、崎枝のバンドはこの大舞台に立ったのだ。高校1年の9月のことだった。


「自信もあったし天狗になってたし、八重山音楽祭のあとは音楽で食っていこうと決めていたね」



翌年春には高校を中退、島を離れ東京の音楽専門学校に入学した。
それからさらに2年が経ち、高校を卒業し上京した島のバンド仲間と、「Booing Sheyner」というバンドを結成する。ライブハウスで人気を集めていった彼らはレコード会社の目にとまり、95年ついにメジャーデビューに至った。   

渋谷のスクランブル交差点のスクリーンに1日に4度も告知VTRが流れ、2枚目のシングルはアニメ『天才バカボン』の主題歌に起用されるなど、レコード会社は彼らを猛プッシュした。

しかし、その時点がバンドの全盛期だった。
シングルを出すごとに、セールスは下がっていった。


「最初は、『オレのやりたいことやらせー!』って生意気言ってたけど、売れなくなってからは、バンドのリーダーだし、カネになるようなこともやらなきゃいけないと思って、会社の要請に応じて歌詞を変えて曲を出したりしていた。そしたら、面白い話だけど、ライブハウスのお客さんがいなくなった。人を信用できなくなって、性格もめっちゃ悪くなって後輩に説教したり…思い出したくもないけど。Booingは7年やったけど、最後のほうはもう殺伐としてた。すべて失ったらメンバーもいなくなった。
もう撃沈だったね」



26歳にして味わった人生最大の挫折。
レコード会社や所属事務所との契約が解除され、収入も断たれた。しかし島には恥ずかしくて帰れなかった。なぜなら、デビュー当時、島の人たちは「次の紅白は、BEGIN、夏川りみ、Booing Sheynerだな」というほどの期待を寄せていたから。

それでも、アルバイトで日々の生活費を得ながら崎枝はもう一度返り咲けると自分を信じていた。
待ってくれているファンのためにも、原点に戻ってやりたい音楽を奏でよう。少年時代に憧れたチェッカーズのような、管楽器の入ったバンドをやろうと。
こうして現在のバンドBEE! BANG! BOO! は2005年に結成されたのだ。

BEE02.jpg


初めてライブハウスで聴いたときから、僕は好きになった。
人生の応援歌のような明快な歌詞と、底抜けに明るいキャッチーなメロディは気持ちがいい。なかでも「Peace & Smile」は、ミニバンのCMから聞こえてきそうなパワー全開の曲だ。
結成以降、BEE! BANG! BOO! は何度かメンバーチェンジを重ね、思うような活動ができない時期もあったが、今年ようやくドラムス以外のメンバーが揃った。まだまだ発展途上で、金が稼げるバンドになっていない。

素人ながらに僕は、もう一皮むけてなにかきっかけさえあればブレイクするのではないかと期待している。「たとえば島をモチーフにした曲をやってみたら?」と崎枝に提案したが、彼はハッキリとこう言った。


「東京でやってる以上、島の色は出さない。それはきいやま商店でやっているしね」


きいやま商店は絶好調で、日本各地からお呼びがかかり旅費もギャラももらえる。こちらの活動にメインにしたほうが食っていけるのだ。
しかし「俺はBEE! BANG! BOO! のほうが大事」と崎枝は言う。あくまで自分が表現したいBEE! BANG! BOO! の音楽で勝負してメジャーシーンにふたたび登りたいのだと。

ならば夢は大きくという意味を込めて、このブログ用の写真は日本武道館をバックに撮った。
照れ笑いを浮かべながら、崎枝は武道館を指さして言った。

「いつか俺もこのステージに立つぞ!」

中学2年の冬に東京のホテルで「イカ天」を観たときと同じ夢を、34歳になった今でも抱きつづけている。崎枝大樹は、音楽なしでは生きていけない音楽ジャンキーだ。

「将来のことで悩むときもあるけど、人前に立って音楽をやっているイメージしかない。音楽は一生やっていくだろうな。それしか考えきれない」

sakieda hiroki.jpg

音楽 「Peace & Smile」 視聴できます!


《ライブ情報》

2010年8月29日(日)『蜂の巣GATE 其の三 〜うむっサマー〜』 渋谷Milkyway

BEE! BANG! BOO! 公式サイト



posted by 若手 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴメス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。