2010年07月26日

沖縄の海人写真家・古谷千佳子さん 「文化をつなげていけば、新しい芽が何かを始める」

海人(うみんちゅ)写真家・古谷千佳子さんの作品は、モノクロがよく似合う。

写真の中のオジィたちは、サバニと呼ばれる小型木造漁船で海に漕ぎ出し、風と潮を読み、海深く潜って魚を捕るという昔からの漁法を続けてきた海人たちだ。

しかし現在、その後継者が減ってきている。
モノクロが似合うと感じる理由は、彼女の作品が、失われていくものの重要な記録になってしまうという、寂しい予感をはらんでいるからだろうか。


「5年くらい前、すごく焦っていた時期がありました。
オジィたちがもういなくなっちゃう! って思って、天気が良ければ海に飛び出しては撮っていました」



今回、古谷さんに会ったのは那覇のカフェ。
テーブルに広げた写真集を見ながら、「このオジィも最近、陸にあがっちゃってね…」と古谷さんは言う。笑顔の中に、寂しさがよぎる。


アギヤ漁03.jpg

海の底にいるグルクンの群れを追い込み棒で追いあげて網で捕る「アギヤ漁」


写真家になる数年前、古谷さんは海人として漁業に従事していた。
出身は東京だが、15歳のときの家族旅行で沖縄の海に出会って以来、ダイビングを通して海人との交流を重ねながら、沖縄移住を目論んでいた。

大学で美術(油絵)を学び、2年間のOL生活を経て、「勘当同然で」海人になるべく沖縄に飛んだ。住む家も決まっていなかったが、宜野座に空き家を見つけ、持ち主のオバァに「草刈りするから住まわして〜」と頼み込んだ。

そして、モリでタコを捕る名人のオジィに弟子入りを志願する。
しかし、東京から突然やってきた若い娘がそう簡単に受け入れてもらえるはずがない。
まずは若手を説得し、モズクの収穫を手伝ったりして距離を縮めていった。


「あるとき、『あのオジィと一緒に泳ぎたい』と頼んで、近くでおろしてもらったんです。
でもすぐにオジィの船に乗せてもらえるわけがないので、2時間くらいオジィの横をぴったり泳いでいたら、『あがりなさい』と乗せてくれたんです。
海人は言葉よりも行動で示さないといけない」



タコ捕り名人のオジィの船に乗ったことで、他の海人たちも彼女を認めてくれた。
それから3年間、沖縄の海をたっぷりと全身に吸収した彼女は、東京に戻りスタジオに就職、写真を本格的に学んだ後、ふたたび沖縄に移住したのだ。


タコおじい03.jpg

タコの住み家を泳いで回り、モリで突いて捕る「タクマーイ」と呼ばれる漁法


なぜ彼女は沖縄に導かれたのだろう? 
「ご縁があった」と古谷さんは言うけれど、必然的な理由があったのだと思う。

彼女をつき動かしている源は、小学生の頃に抱いた直感だ。


「海も山も植物も動物もみんな地球の細胞であって、皮膚一枚に自分は閉じ込められているだけ。『私』が『あなた』に入らなかったのはなんでだろう?」


人は自然から離れて生きることはできない、そして他者との関わりなしに生きることはできない。そのことを頭で考えるよりも先に、身体で吸収し学べるところ、それが彼女にとっては沖縄の海だった。

ひたすら海と海人を吸収して12年、海とそこに生きる人々は刻々と変わっていく。


「もちろん、海人の伝統がなくなってほしくはないですが、変わっていくことはしょうがないことで、受け入れなきゃいけないとも思います。
でも寂しい寂しいと言っているだけじゃなくて、次につなげていくことが表現者としての私の使命なんじゃないかって。
それによって新しい芽が生まれて、何か始めると思うから」



一昨年に男の子を出産した。
撮影現場に連れていくと、海辺のオジィやオバァが可愛がってくれる。

「素晴らしい教育になるじゃないですか」と水を向けると、「魚より、操船方法とか船の構造に興味があるみたいで、ずっとエンジンを見ているんですよ」と苦笑する。
優しい母親の目になった。

子どもを授かったことは、彼女の表現にも変化をもたらした。


「ホルモンバランスが変わると自分の感覚も変わるらしいんですよ。
今まで興味がなかったピンクやパステルの服がかわいいと思えるようになったり。
今はもっと内面的なものの表現を目指していて、『色』がもっと出てくるんじゃないかと思います。写真って自分がそのまま出るものなんですよね」



これからどんな色の沖縄を、古谷さんは見せてくれるのだろう。
やりたいことを熱く語る彼女の顔は、まるで純粋な少女のようだ。
こんなに素敵な写真家と、いつか大きな仕事をしたいと思う。

1-2.jpg

7月初旬、那覇市内の公園にて

ふるや・ちかこ 
東京生まれ。沖縄在住。海辺の暮らしや自然崇拝を主に撮影。東京、沖縄ほか各地で写真展やトークショーなどの活動を展開している。TBS『情熱大陸』などTV・ラジオ番組にも多数出演。2008年に写真集『たからのうみの、たからもの』(河出書房新社)出版。最新刊は脳科学者・森岡周氏との共著『脳を学ぶA』(協同医書出版社)。8月8日に放送予定のテレビ東京『ソロモン流』に出演。

海人 写真家 古谷千佳子公式HP



脳を学ぶ 2

脳を学ぶ 2

  • 作者: 森岡 周
  • 出版社/メーカー: 協同医書出版社
  • 発売日: 2010/04/28
  • メディア: 大型本




posted by 若手 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴメス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157190397

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。