2010年09月28日

「太鼓笑人めでたい」のリーダー・関根まことが奏でる 和太鼓の限りない可能性

夏の終わりの気配がどこにも見当たらない9月の頭、三重県の伊勢神宮に隣接する観光地
「おかげ横町」一帯は、太鼓の響きに包まれていた。
8回目の開催となったこの「神恩感謝 日本太鼓祭り」には、全国各地から和太鼓奏者約200人が集い、河川敷などに設置された5カ所の会場で、炎天下、熱演を繰り広げていた。

ph1.jpg
9月4〜5日、伊勢神宮周辺は太鼓の響きに包まれた

ph2.JPG
見晴らしのよい河川敷の特設ステージ


東京の若手実力者4名から成るユニット「ひむかし」の周囲が沸いていた。
チャッパという小さなシンバルのような打楽器を用い、パントマイムのように、チャッパをグローブにして目に見えない何かを投げて音のキャッチボールを演じている。これで観客の心をガッチリとつかんだ彼らは、次の演目では太鼓を鳴り響かせた。

関根まことのソロが始まった。
誰よりも大きな音を轟かせて、担ぎ太鼓を連打する。その姿は、取組に臨む力士が塩をおもいきりまき散らして見栄を切るような迫力。
さあ、俺の太鼓が始まるぜ! とでもいうような。

ph3.JPG
伊勢太鼓祭りにて。見事なバチさばきで観客を沸かす


関根まことはその体格に似合わず(?)、繊細なパフォーマンスをみせる。
片方の腕をぐるぐると回して輪を描きその合間を縫ってもう片方の腕で太鼓を打ったり、ジャグリングのように空中にバチを投げながら正確にリズムを刻む。見た目にも面白いエンターテインメントとして完成している。

 *

太鼓といえば盆踊り、というイメージを持っている人は、彼らプロの太鼓奏者の演奏を見れば認識を新たにするだろう。

世界的にも評価の高い佐渡の「鼓童」をはじめ、日本には多くのプロ和太鼓チームがある。僕もはじめてプロの太鼓を聴いたときには、「え〜、太鼓ってこんな凄いんだ!」と衝撃を受けたものだ。小さな締太鼓の甲高く鋭い音は聴く者の眉間に刺さり、ド迫力の大太鼓の波動は腹にずしんと響いてくる。大小様々な太鼓が織りなすグルーヴは、まるでジャズのビッグバンドのようで、ほんとうにこれは打楽器だけで構成されている音楽なのだろうかと思うほどだ。



関根まこと、中条きのこ(左)、江上瑠羽(右)による演目

 「太鼓のプロですって言うと、『じゃあ、夏なんか忙しいの?』と言われます」

関根まことはそう言って笑う。
28歳の彼は、「太鼓笑人めでたい」というチームのリーダーで、今もっとも勢いのあるプロの太鼓奏者だ。「めでたい」の公演や、ジャズやバレエなど他ジャンルとのコラボレーションを展開するほか、保育園や幼稚園、学校などで演奏し、子どもたちに和太鼓の魅力を伝えている。

 「和太鼓は、世界の打楽器のなかで一番大きいし、出る音も一番大きい。世界に誇れる
 日本の楽器だと思うんです。海外で演奏しても、みんなスタンディングオベーション、
 ジャパニーズドラムは人気高いですよ」


ph4.JPG

 *

関根まことは、東京・品川区の埋立地に建つ八潮パークタウンという団地で育った。

 「ビルが1号棟から69号棟までバーッと建っていて、小学校が3つ、中学校が2つ、
 保育園が5、6ヵ所、すべてその中でまかなえちゃうような、どこか閉鎖的な街だった
 んです」

八潮には、助六流という流派の岬史郎さんという太鼓奏者が住んでいた。岬さんは街おこしの一環として、「八潮太鼓」を立ち上げた。
最初の参加者は関根が入園した保育園の先生たちだった。

 「パークタウン祭りというのがあって、先生たちが山車の上で太鼓を打っていたんです
 よ。本格的で、かっこいい! と思って。それから僕は高いところに登っては太鼓の真似
 をして段ボールをいくつも潰してました」


八潮太鼓に入れるのは小学校3年生以上だったが、太鼓をやりたくて仕方がなかった彼は、2年生で入団を許された。中学までは、太鼓をやっていることを周囲に知られるのが恥ずかしくて控えめだったというが、高校生になって「大人の部」に所属すると意識が変わった。
「太鼓の練習があるんで」と言っては午後の授業を抜け出し、練習に没頭する毎日。
「江戸寿太鼓」という、八潮太鼓の中から選りすぐりのメンバーで構成されたチームにも参加した。
そして高校卒業後、さらに上を目指すべく「東京打撃団」というプロチームに第一期研修生として入団した。

そのときに受けたプロの洗礼について、彼は勢いよく語りだした。

 「はじめて稽古場に入ったとき、先輩たちのやっていることが全然分からなかったんで
 すよ。ドラムと同じような細かいフレーズなどの練習なんですが、それが超人的なんで
 す。『凄い!』というより、『あ、ちがうところに来ちゃったな』と(笑)。当時は上
 下関係が厳しくて、太鼓のセッティングや倉庫の出し入れなど、雑務はほぼすべて僕の
 仕事。雑務に追われて練習する時間もとれない。それでも、なにくそ根性で必死にやり
 ました」


そして、1年後に晴れて正メンバーに昇格。しかし、その中で居場所が見つけられなかった。個性豊かなメンバーの中で、関根は自分の武器を持っていなかったのだ。ほかのメンバーは自分とは輝きがちがう、自分がいなくても打撃団は成立するのではないかと、ステージの上では対等だと頭では分かっていても関根は一歩引いてしまっていた。

それを打破したのは、小学校2年生から続けていた助六流の打法だった。

 「ある演目で、横打ちをやることになったときに、自分には何ができるかなと考えて腕
 まわしやバチまわしを入れてみたんです。八潮では当たり前すぎて誰も面白いとは言わ
 ないことが、打撃団では評価された。それまではとにかく打撃団流の打ち方をしていた
 けど、自分のスタイルでやってもいいんだと、目の前がパーッと開いた瞬間でした。
 もちろん、八潮そのままの方法ではなくて、難易度をあげていきました。それ以来、
 ほかの演目にも自信がついて。だから5、6年前の当時の自分と、今の自分は全然ちが
 いますね」

ph5.JPG 関根まことの演奏は、力強さと繊細さを併せ持つ

プロとしての自信が芽生えたその頃、「太鼓笑人めでたい」を立ち上げた。2年前にはこのチームを運営していくための会社を起こし、代表を務めている。

 「明確な目標としては、5年の間に東京国際フォーラムでの公演を実現することを目指
 しています。それも一度やったら終わりというのではなく、その後も毎年続けていくた
 めにはどうしたらいいか。東京だけでなく地方からもお客さんを集めるためには、どう
 いうエンターテインメントのかたちをつくっていったらいいか、それを常に考えていま
 す」


伊勢の太鼓祭りから一週間後、東京で「めでたい」の自主公演があった。よく練られた演出はかたときも観客をあきさせることがなく、エナジー溢れる演奏は心躍る、というより全身で踊りだしたくなるようなものだった。

彼らの演奏を是非いちど生で観てもらいたい。
これはお金を出して見る価値のあるエンターテインメントであると、納得するはずだ。

ph6.JPG

太鼓笑人めでたいHP 


posted by 若手 at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | ゴメス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。