2010年09月28日

「太鼓笑人めでたい」のリーダー・関根まことが奏でる 和太鼓の限りない可能性

夏の終わりの気配がどこにも見当たらない9月の頭、三重県の伊勢神宮に隣接する観光地
「おかげ横町」一帯は、太鼓の響きに包まれていた。
8回目の開催となったこの「神恩感謝 日本太鼓祭り」には、全国各地から和太鼓奏者約200人が集い、河川敷などに設置された5カ所の会場で、炎天下、熱演を繰り広げていた。

ph1.jpg
9月4〜5日、伊勢神宮周辺は太鼓の響きに包まれた

ph2.JPG
見晴らしのよい河川敷の特設ステージ


東京の若手実力者4名から成るユニット「ひむかし」の周囲が沸いていた。
チャッパという小さなシンバルのような打楽器を用い、パントマイムのように、チャッパをグローブにして目に見えない何かを投げて音のキャッチボールを演じている。これで観客の心をガッチリとつかんだ彼らは、次の演目では太鼓を鳴り響かせた。

関根まことのソロが始まった。
誰よりも大きな音を轟かせて、担ぎ太鼓を連打する。その姿は、取組に臨む力士が塩をおもいきりまき散らして見栄を切るような迫力。
さあ、俺の太鼓が始まるぜ! とでもいうような。

ph3.JPG
伊勢太鼓祭りにて。見事なバチさばきで観客を沸かす


関根まことはその体格に似合わず(?)、繊細なパフォーマンスをみせる。
片方の腕をぐるぐると回して輪を描きその合間を縫ってもう片方の腕で太鼓を打ったり、ジャグリングのように空中にバチを投げながら正確にリズムを刻む。見た目にも面白いエンターテインメントとして完成している。

 *

太鼓といえば盆踊り、というイメージを持っている人は、彼らプロの太鼓奏者の演奏を見れば認識を新たにするだろう。

世界的にも評価の高い佐渡の「鼓童」をはじめ、日本には多くのプロ和太鼓チームがある。僕もはじめてプロの太鼓を聴いたときには、「え〜、太鼓ってこんな凄いんだ!」と衝撃を受けたものだ。小さな締太鼓の甲高く鋭い音は聴く者の眉間に刺さり、ド迫力の大太鼓の波動は腹にずしんと響いてくる。大小様々な太鼓が織りなすグルーヴは、まるでジャズのビッグバンドのようで、ほんとうにこれは打楽器だけで構成されている音楽なのだろうかと思うほどだ。



関根まこと、中条きのこ(左)、江上瑠羽(右)による演目

 「太鼓のプロですって言うと、『じゃあ、夏なんか忙しいの?』と言われます」

関根まことはそう言って笑う。
28歳の彼は、「太鼓笑人めでたい」というチームのリーダーで、今もっとも勢いのあるプロの太鼓奏者だ。「めでたい」の公演や、ジャズやバレエなど他ジャンルとのコラボレーションを展開するほか、保育園や幼稚園、学校などで演奏し、子どもたちに和太鼓の魅力を伝えている。

 「和太鼓は、世界の打楽器のなかで一番大きいし、出る音も一番大きい。世界に誇れる
 日本の楽器だと思うんです。海外で演奏しても、みんなスタンディングオベーション、
 ジャパニーズドラムは人気高いですよ」


ph4.JPG

 *

関根まことは、東京・品川区の埋立地に建つ八潮パークタウンという団地で育った。

 「ビルが1号棟から69号棟までバーッと建っていて、小学校が3つ、中学校が2つ、
 保育園が5、6ヵ所、すべてその中でまかなえちゃうような、どこか閉鎖的な街だった
 んです」

八潮には、助六流という流派の岬史郎さんという太鼓奏者が住んでいた。岬さんは街おこしの一環として、「八潮太鼓」を立ち上げた。
最初の参加者は関根が入園した保育園の先生たちだった。

 「パークタウン祭りというのがあって、先生たちが山車の上で太鼓を打っていたんです
 よ。本格的で、かっこいい! と思って。それから僕は高いところに登っては太鼓の真似
 をして段ボールをいくつも潰してました」


八潮太鼓に入れるのは小学校3年生以上だったが、太鼓をやりたくて仕方がなかった彼は、2年生で入団を許された。中学までは、太鼓をやっていることを周囲に知られるのが恥ずかしくて控えめだったというが、高校生になって「大人の部」に所属すると意識が変わった。
「太鼓の練習があるんで」と言っては午後の授業を抜け出し、練習に没頭する毎日。
「江戸寿太鼓」という、八潮太鼓の中から選りすぐりのメンバーで構成されたチームにも参加した。
そして高校卒業後、さらに上を目指すべく「東京打撃団」というプロチームに第一期研修生として入団した。

そのときに受けたプロの洗礼について、彼は勢いよく語りだした。

 「はじめて稽古場に入ったとき、先輩たちのやっていることが全然分からなかったんで
 すよ。ドラムと同じような細かいフレーズなどの練習なんですが、それが超人的なんで
 す。『凄い!』というより、『あ、ちがうところに来ちゃったな』と(笑)。当時は上
 下関係が厳しくて、太鼓のセッティングや倉庫の出し入れなど、雑務はほぼすべて僕の
 仕事。雑務に追われて練習する時間もとれない。それでも、なにくそ根性で必死にやり
 ました」


そして、1年後に晴れて正メンバーに昇格。しかし、その中で居場所が見つけられなかった。個性豊かなメンバーの中で、関根は自分の武器を持っていなかったのだ。ほかのメンバーは自分とは輝きがちがう、自分がいなくても打撃団は成立するのではないかと、ステージの上では対等だと頭では分かっていても関根は一歩引いてしまっていた。

それを打破したのは、小学校2年生から続けていた助六流の打法だった。

 「ある演目で、横打ちをやることになったときに、自分には何ができるかなと考えて腕
 まわしやバチまわしを入れてみたんです。八潮では当たり前すぎて誰も面白いとは言わ
 ないことが、打撃団では評価された。それまではとにかく打撃団流の打ち方をしていた
 けど、自分のスタイルでやってもいいんだと、目の前がパーッと開いた瞬間でした。
 もちろん、八潮そのままの方法ではなくて、難易度をあげていきました。それ以来、
 ほかの演目にも自信がついて。だから5、6年前の当時の自分と、今の自分は全然ちが
 いますね」

ph5.JPG 関根まことの演奏は、力強さと繊細さを併せ持つ

プロとしての自信が芽生えたその頃、「太鼓笑人めでたい」を立ち上げた。2年前にはこのチームを運営していくための会社を起こし、代表を務めている。

 「明確な目標としては、5年の間に東京国際フォーラムでの公演を実現することを目指
 しています。それも一度やったら終わりというのではなく、その後も毎年続けていくた
 めにはどうしたらいいか。東京だけでなく地方からもお客さんを集めるためには、どう
 いうエンターテインメントのかたちをつくっていったらいいか、それを常に考えていま
 す」


伊勢の太鼓祭りから一週間後、東京で「めでたい」の自主公演があった。よく練られた演出はかたときも観客をあきさせることがなく、エナジー溢れる演奏は心躍る、というより全身で踊りだしたくなるようなものだった。

彼らの演奏を是非いちど生で観てもらいたい。
これはお金を出して見る価値のあるエンターテインメントであると、納得するはずだ。

ph6.JPG

太鼓笑人めでたいHP 


posted by 若手 at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | ゴメス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

ハンドメイドにこだわる、「ノックの帽子屋」店主・横山智和さん

今年の極暑のあまりの厳しさに、涼しそうな素材のハットが欲しくなった8月の末。
ネットを徘徊して帽子を探していたところ、「ノックの帽子屋」さんの、ちょっと洒落た雰囲気のHPを発見した。

すべて手作りだという帽子は、形そのものはベーシックだが全体的に丸みを帯びていて、絵本にでてきそうな可愛さ。麦わらのような素材でつくられたベレー帽など、ありそうでなかなかないラインナップにもグッとくるものがあった。
注目すべきは、オーダーメイドで、完全に自分好みの帽子がつくれるところだ。

つくっているのは横山智和さん。
今年の8月に店舗を構えたばかりだが、大塚愛や東京事変といったミュージシャンにも衣装を提供している。

いったい横山さんてどんな人なんだろう……。
帽子の実物を見たかったこともあり、帽子屋さんに行ってみることにした。

ph01.jpg
大塚愛さんの衣装としてつくった「帽子がくっついた帽子」


「ノックの帽子屋」は、京成曳舟駅から徒歩5分、下町ファンに人気のキラキラ橘商店街の入り口近くにあった。いかにも昭和30年代といった風情の、1階が半分土間になっている築75年という住居兼店舗。だが、店内は味わいのある小物や家具で飾られている。
素敵な帽子もいっぱいだ。

横山さんは、金混じりの土壁が見える半畳ほどの小上がりから「あ、どうも」と様子を窺うように出てきたのだが、少しばかり私の想像と異なっていた。
坊主頭に丸眼鏡、もじゃ髭でゲーム作品の『サクラ大戦』のTシャツを着た男性。
どう見ても、ファッションとは無縁そうなのだ。

 「しゅっとしてカッコイイ! っていうものよりもぼんやりしている帽子が好きです。
 帽子らしい形の帽子が好きですね。メッセージ性の強いモノはあんまり好きじゃない
 です。
 ぼくのデザインはこうじゃなきゃっていうのはなくて、誰かのかぶりたい帽子を具現化
 して、それぞれに自分の好きな帽子をかぶってもらうのが一番」


とつとつと帽子について話す姿は、こだわりの職人という雰囲気。流行を気にして帽子をつくることはないという。横山さんが現在愛用中の黒いハットは、飲み屋で酔っぱらいの尻に敷かれて破れたりしたところを繕いつつ、もう6年かぶっているとか。
実物を見せてもらうと、帽子の色落ちや繕った跡がいい味を出している。

横山さんのつくるシンプルで温かい帽子は、その人柄がにじみ出ているようだった。
それは曳舟という土地を選んだことにも表れている。

 「気取ってない場所がいいなぁと思って」

ph02.jpg



横山さんには背伸びがまったくなく、下町の商店にも馴染んでいるので年上だと思いこんでいたが、まだ26歳だという。これには驚いてしまったが、彼も自分の年齢に驚いているようだった。

 「まだ26かぁって思いますね。若いなぁって。もうちょっと年取ってると思いました。
 まだ1ヵ月、まだ2年かぁって、時間の流れが遅く感じます」


一般的日本人とは真逆の発言をする横山さん。
時間の流れが遅く感じるその感性を養ったのは、きっと家族だったのだろう。

横山さんは、溶接技師の父親の赴任先だったオランダで幼少期を過ごした。だが、7歳の時に父親は突然亡くなり、家族は日本に帰ることとなる。
母親は幼い横山さんを含めた3人兄弟を女手ひとつで育てた。
母子共々、大変だったのではと思うが、美術学校と文化服装学院に3年ずつ通い、卒業して2年で店舗を構えた横山さんはとても自由に見える。

以前、母親にこう言われたことがあると彼は言う。
「親の言うとおりにするような子供には育てた覚えはない」

3人の子供をひとりで育てている時に、同じ事を言える人はどのくらいいるだろうか。
なかなか言える言葉ではないと思う。
懐の大きな、枠に縛られない母の影響を横山さんは受けているのだろう。

 「勇気づけられますけどね。何でも好きなことしていいんだって」

技術者だった父や機械いじりの得意だった祖父の影響か、手を動かすのは小さい頃から好きだったそうだが、なぜ帽子づくりを選んだのかを尋ねると、

 「立体的なモノをつくるほうが好きだったのと、消去法です。
 どうしても帽子、っていうわけでもないです」


というアッサリした答えが返ってきた。
それでも、ただ帽子をつくっているだけではない。

「好きな旅をして、ついでに素材を集めて、帽子つくって売って、また旅に出て」という生活だが、最近1ヵ月間旅したというエクアドルはパナマ帽の産地という理由で行ったそうだ。趣味と仕事の境界線はあまりなく、帽子のことがいつも頭にある。

また、フォトグラファーの相澤心也さんと組んで、横山さんの帽子を使った作品を製作したりもしている。
『笠地蔵』のお話しをモチーフにした作品や、羊を一頭煮込んで取り出した骨を使った作品などアイディアにあふれたもの。

10月の末には30組余りの新進クリエイター達と廃墟を借り切り、東京デザイナーズウィークに合わせて「CO-OP」という作品展示会をやる。

ph03.jpg
地蔵たちからお礼が届くことはなかったという


最後に、帽子屋も軌道に乗ってきた横山さんに将来の夢を尋ねたが、
「夢……。風呂付きに部屋に住むのが夢だったんですけど、これは叶ってしまったので、また見つけないと」と欲がない。

達観している仙人のようだが、逆にそれこそ今時の若者らしい感覚かもしれない。むやみに熱くなることはないが、帽子の話になると、ちょっぴり背筋が伸び、喋り方もちょっぴり力強くなる青年。

そんな素敵な?横山さんに私は、10年はかぶれるベーシックなハットをつくってもらいたいと思った。そして、破れたら曳舟に直してもらいに行って「まだ○ ○才だよ〜、人生って長いよね」なんて会話を交わせたらいいなぁと思った。


ph04.jpg
外出着に着替えていただきました。かぶっているのは愛用の黒(かった)ハット


★「ノックの帽子屋」HP

★クリエイター主導の新しい展示会 「CO-OP」 

posted by 若手 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ふく子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

ライティングデザイナー、戸恒浩人さんがスカイツリーに込めた想い

2012年春の開業を目指して建築が続く「東京スカイツリー」。
週末ともなれば、建築現場の周辺は多くの人でごったがえし、完成前なのに、もう“東京の新名所”状態となっている。
かくいうタカハシも「建築中のスカイツリーって今しか見られない!」という妙なミーハー心にかられ、デジカメ片手に東京の下町「押上」に何度か足を運んでいる。

スカイツリー.JPG この距離だと写真に収めるのも一苦労


全長634mまでの道のり(現在は448m)を観察するのも飽きないが、開業時にはもっと楽しみなことがある。それは、“昭和のシンボル”東京タワーがそうであるように、陽が落ちれば毎夜美しくライトアップされるであろう“平成のシンボル”の光景だ。

東京に誕生する日本一高い建造物の夜景は、どんなコンセプトで我々を魅了するのか?
スカイツリーのライティングデザインを担当する、シリウスライティングオフィスの戸恒浩人さん(35)に話を伺った。

 *

「どこでもいいというデザインではなく、この場所にあるから素敵だと感じられるデザインを目指しました」


ライティングのコンセプトは「粋」「雅」
「粋」は隅田川の水の色をイメージした青いポイントカラーでタワーの柱を照らし、凛々しさと力強さを感じさせる。
「雅」は江戸紫をテーマに柱の外側を包む細かい鉄骨から、ピンク過ぎず青過ぎない微妙な加減の色で照らし、あでやかさと優雅さを表現している。

夜景-粋(new).jpg
【粋】 展望台の上には常に回り続ける照明が
画像提供:東武鉄道株式会社・東武タワースカイツリー株式会社


夜景-雅(new).jpg
【雅】 すべてLEDで照明は作られている
画像提供:東武鉄道株式会社・東武タワースカイツリー株式会社


この2パターンのライトアップは毎日交互に点灯し、東京の街を彩ることになる。
このアイデアには戸恒さんの”人と照明”を結ぶこだわりが込められている。


「たとえば今日が『粋』だとすると、翌日は『雅』になるわけです。見る人は自然ともう一つのライトアップを思い浮かべるのではと考えたんです。2種類あるということが、スカイツリーと人々をつなげるいい方法になると思いました」


たしかに毎日同じ明かりであればそれほど気にとめない光景も、2種類の照明があることで効果的にもう一方の照明のことが頭に浮かぶ。
スカイツリーをより身近な存在として感じられそうだ。

さらに戸恒さんは、スカイツリーの照明によって「東京の街が美しくなるきっかけになってくれたらうれしいですね」と語る。
というのも戸恒さんは、海外と比べて日本の照明にさみしさを覚えることが少なくないという。


「日本人の気質も関係あるのかもしれませんが、自分のところはよくするのに公共スペースに関しては無頓着なところってあると思うんです。例えば、道路照明にしても照度が取れていればいいでしょうという感じで、美しくはない。
ビルから蛍光灯の明かりが漏れていても『残業してるのかな』と思ってしまいますし、繁華街は飲み屋とかパチンコ屋とかお金を落とさせる“客引きの光”ばかりで、日本には人をうれしくさせる光が少ないと思うんです」



そう言われてみると、クリスマスなどの期間限定のライトアップなんかをのぞけば、散歩したいなぁと思わせる夜の街は少ないかも。


「照明によって癒されることってあると思うんです。エネルギーのことを考えれば明かりを消すに越したことはないですが、それと同時に生活や時間を豊かにすることも捨てていると思うんです。でも、そこらじゅうに照明をつければいいというわけではありません」

 *

戸恒さんは全長634mのスカイツリーのすべてを照らすわけではない。
そうした手法は現代のライトアップに合わないと考え、塔の下のほうを照らさないとか、真ん中の部分の外側は暗くして内側を光らせたりと、全体を100としたら50くらいの光量で美しくみせる工夫をこらしている。
“デザイン”という人間の手間をかければ、少ない電力でも素敵なものができることを証明しようというのだ。


「陰影礼賛という言葉がありますが、陰影を使うのは日本人が得意とするものだと僕は信じたいんです。明るさだけでなく暗さをうまく利用した照明をすれば街はもっと素敵になるし、日本が世界に誇る、日本人が作れる光の世界を表現できると思うんです。日本人として生まれてきた以上、そういうものを作り続けたいなと思っています」


テストをのぞいて、最初に東京スカイツリーのライトアップがお披露目されるのは開業日の夜のはず。


「僕がスイッチを押してみたいですよね。でもスイッチってなんか古いですね。照明を使って点灯するとか。今思いついたんですけど」


取材を終え、戸恒さんのオフィスが入るビルの窓からふと外に視線を向けると、建築中の「東京スカイツリー」と「東京タワー」の両方が見えた。



h.totsune.jpg
星を見るのが好きな少年だったという戸恒さん



posted by 若手 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | タカハシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。